墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全国日蓮宗青年僧 岐阜結集!

先日5月15日から16日にかけて、
全国日蓮宗青年僧 岐阜結集
に参加してきました!

この「全国日蓮宗~」は、年に1回、全国より日蓮宗の青年僧侶が一同に会し、行脚などの布教活動や行学道場などの研鑽を行ったり、会議を行ったりする大会です。
今年は、斎藤道三織田信長ゆかりの地・岐阜での開催となりました!
今回、岐阜県に初めて行ったのですが、車で約2時間強、ということで、意外と近いな~と感じました(^^)/

結集初日は、開会式を経て、岐阜市内にて唱題行脚を行いました!
小雨が降りしきる中、約2時間半、12キロの行程を、団扇太鼓を叩き、お題目をお唱えしながら行脚させて頂きました!
青年僧の総数、なんと約250名
警察官の方々に先導していただきながら、250名の唱題の声が岐阜市内に響き亘りました!

DSC07530.jpg

DSC01173.jpg

DSC07533.jpg

岐阜市内にある金華山の山頂には、岐阜城(かつての稲葉山城)が建っており、戦国時代には、この岐阜城を巡って戦乱の嵐が吹き荒れました。
その戦乱の中、命を落としたたくさんの霊が、岐阜の街に眠っていらっしゃる、と結集実行委員長が語られたのが印象的でした。
また、岐阜県は日蓮宗寺院がそんなに多くなく、これだけの青年僧が集い唱題行脚をする機会も滅多にないので、本当に嬉しいと、涙ながらに語られていらっしゃいました。
そういった岐阜の地で唱題行脚をさせて頂いて、感慨深いものがありました。

結集2日目は、全国日蓮宗青年会の総会が行われました!

DSC01215.jpg

今回は、役員改選があり、全国日蓮宗青年会の第31代会長ならびに執行部が承認されました。
全国各地にある青年会組織の中心にある全日青の執行部は、大変な重責だと思います。
京都の青年会としても、協力できる部分は協力をし、意見がある場合はきっちりと意見を言えるよう、全日青にも関心を持って活動をしていこう、と感じた一日でした。

最後に、結集の実行委員長、並びに実行委員の皆々様、本当にお疲れ様でございました!

以上、全国日蓮宗青年僧 岐阜結集の報告でした☆
スポンサーサイト
  1. 2014/05/19(月) 17:34:00|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都日青 総会!

5月に入りました!
だいぶ暖かくなってきて、気候がよい日が続きますね☆
5月は、鮮やかな新緑が目にまぶしく、清々しい気持ちになります。
しかし、早くも1年の3分の1が経ちましたね(汗)こないだ正月だと思っていたのに・・・(^^;)

さて、先月末の4月30日、所属する京都日蓮宗青年会の総会が墨染寺にて行われました。
今年1年の諸事業を決定する会議でございました。
今年度より2名の新入会員を迎え、10名での活動となります。
夏に行われる「少年少女のための修養道場」や、
青年男女を対象とした「勉強会の開催」
年間4回の「季刊誌『るふ』の発刊」
教学や布教について研鑽する「行学活動」
また、今年は檀信徒の方々や一般の方々と日蓮宗の霊跡を巡る「団体参拝の旅」
などなど、目白押しの事業を展開して参ります。
人数10名と少ないですが、その分、少数精鋭で頑張りたいと思います!

そんな青年会の会長に、今年度も引き続き及ばずながら就任させて頂くこととなりました。
会長の器でない自分が、2年も歴史ある青年会の会長を務めさせて頂くことに、大変大きなプレッシャーを感じております。
10名の会員の皆さんと共に、切磋琢磨しながら、互いに刺激し合って、諸活動に精進して参りたいと思います。
何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

青年会の卒会は35歳
自身の卒会まであと2年
「最近の青年会は、守りに入っている」
という声も耳にします。
今しかないこの青年会活動に、悔いの残らぬよう励んで参りたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます!

DSC07497.jpg
  1. 2014/05/02(金) 15:34:10|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勉強会、開催!

先日3月9日、京都日蓮宗青年会主催の勉強会が、大立寺さまにて開催されました!
この勉強会は、高校生以上の青年男女の方々を対象とした勉強会で、仏教・法華経についてお伝えするために年3回ほど開催しております。
今年度は「お坊さんとじっくり語ろう」というコンセプトのもと、あるテーマについて参加者の皆様と共に法座形式で対話することを目的に行っております。
今年度3回目となる今回、参加者15名の皆様と共に「宗教観について」「教育について」というテーマについて語り合いました。

まずは、ウォーミングアップとして、仏教の基礎を知ってもらおうということで「仏教諸宗派について」という講義が行われました。

DSC07242.jpg

南都六宗、平安仏教、鎌倉新仏教・・・歴史の時間では知識として学びますが、なかなかどの宗派がどのような教えで、というところまでは把握されていない方も多いのではないでしょうか?
そんな仏教諸宗派について、分かりやすく端的に解説頂きました。
参加者からも、「非常に分かりやすくて、為になった」との声も聞かれました。

講義の後には、参加者の皆様と共に法要を営み、大立寺さまの御宝前に法味をお供えさせて頂きました。
この時に、併せて東日本大震災の物故者の方々の追善の御回向もさせて頂きました。

DSC07252.jpg

そして、いよいよメインの法座へ!
「宗教観」、「教育」について話し合われました。
どちらも非常に濃いテーマで、議論が白熱し、予定を大幅に超過して終了となりました。
「宗教とは何か?」、「教育の場に宗教がどのように必要なのか?」これらの問いに関して、参加者それぞれに意見があり、最終的な答えを導くまでには時間が足りず、問題意識の共有という段階で終えることとなりました。
しかし、様々な職種・立場の参加者の皆様のご意見を聞くことができ、非常に有意義な時間となりました。

最後に、今回の勉強会で感じたことを。
「宗教」と「教育」、この2つは切っても切り離せないものだと思うのですが、現在の公教育などでは、この2つは分断されています。
教育が「知識を教える」のと「心を育む」ことの2点に意義があるのだとすれば、後者には宗教的な教えが重要になってくると思います。
現在教育と言えば、「教える」ことにばかり目が向いて、「育む」「育てる」という意識が薄れているのではないか、という気が致します。
これは、私たち僧侶をはじめとした宗教者の怠慢だとも言えるかもしれません。
青年会でも毎年夏休みに「修養道場」を開催しておりますが、僧侶がしっかりと範を示し、子どもたちの心を育むための道場にしていかなければならない、と改めて感じる機会となりました。

以上、青年会の勉強会のご報告でした♪
議論が白熱しすぎて、法座の写真が撮れませんでした(汗)ご了承下さい!
  1. 2014/03/12(水) 16:06:01|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都日蓮宗青年会主催 勉強会のご案内!

来る来月3月9日(日)、京都日蓮宗青年会主催の勉強会が開催されます。
この勉強会は、高校生や大学生、また一般社会人を対象に、仏さまの教えについて考えるきっかけとなることを願い、開催している勉強会となっています。
今年度は「お坊さんとじっくり語ろう!」というコンセプトのもと、私たちを取り巻く諸問題について、皆で意見を交わし合うような「法座」というスタイルの勉強会です。
みんなで話し合う中で、仏教・法華経の立場からみた向き合い方などを提示できればと思っています。
年齢制限等、特にございません。どなた様でもご参加頂けます。
以下の要項をお読みの上、奮ってのご参加、お待ち申し上げます!!

□■□■ 京都日蓮宗青年会主催 勉強会 ■□■□

○日 時:平成26年3月9日(日)13時~16時半まで(途中休憩あり)
○場 所:山科 大立寺(詳しくは、http://dairyuji.net/access.htmlをご覧下さい)
○参加費:無料
○テーマ:「宗教観について」、「教育について」
※法座の前に、ウォーミングアップとして「仏教の基礎」をお伝えしたり、ご質問にお答えする時間を設けています。


※こちらの勉強会は申し込み制となっております。恐れ入りますが、ご参加のお申し込みは、京都日蓮宗青年会のメール(kyotonissei@aol.com)までお願いします。
※準備の都合上、3月2日(日)までにご参加の連絡を頂ければ幸いです。

※詳しくは、京都日蓮宗青年会のブログをご覧下さい!

ご参加、お待ち申し上げます!

DSC05750_20140226104219d93.jpg
※前々回の勉強会の様子です
  1. 2014/02/26(水) 10:48:49|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都日青主催 寒行が行われました!

先日1月28日、京都日蓮宗青年会主催の寒行が執り行われました!
当山墨染寺を出発し、深草瑞光寺さま参拝、同じく深草宝塔寺さま参拝、その後師団街道を南下して墨染寺に戻ってくるというルートで寒修行をさせて頂きました。
青年会員6名に加え、墨染寺のお檀家さん5名、会員の奥様、お子さまたち(1歳になられたばかりのお子さまも!)、また有縁のお上人とそのご子息たちと、計20名近くの賑やかな行列で歩くことができました☆
僧俗一体となってお唱えするお題目の力強さを感じ、大変素晴らしい寒修行となりました!

瑞光寺さまでは、本堂前で法味言上の後、瑞光寺さまのご開山上人でもある草山元政上人のご廟所も参拝させて頂くことができました。
元政上人は、江戸時代初期の宗門を代表する高僧でいらっしゃいます。
質素倹約を旨とし、戒律を重んじ清らかな僧堂生活を営み、俳諧などの文学にも親しまれ、元政上人を慕って訪れる僧侶や文化人が後を絶たなかった、と伝えられています。
また宝塔寺さまでは、京都に法華経・お題目をお弘めになられた日像上人のお荼毘所にて、お自我偈一巻を読誦させて頂きました。
元政上人、そして日像上人と、偉大な先師上人ゆかりの御寺院を参拝することができ、大変有り難い機会を頂戴しました。

18時に出発し、再び墨染寺に帰ってきたのは20時半を回っておりました。。。
約2時間半、約5~6キロの行程を、一人の脱落者も出さずに無事に戻ってくることができました。参加の皆様のそれぞれの信仰心がお互いの支えとなり、またお唱えするお題目に導かれ、円成することができたのだと痛感しております。
今回は、青年会主催での寒行でしたが、これをご縁に、是非来年以降、墨染寺でも寒行を行えたら有り難いな、と感じました。その折には、これに懲りずに(笑)是非是非ご参加頂きますよう、お願い申し上げます!

※今回は写真が撮れませんでしたので、報告文だけでお許し下さいませ。。。m(_ _)m

42 行脚
  1. 2014/01/30(木) 23:49:54|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。