墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原点

先日、とある打ち合わせに行ってきました。
その打ち合わせとは・・・

近畿教区 僧風林!!

僧風林とは、小学校4年生~中学校3年生までの沙弥が修行をする場所です。
「沙弥」と書きましたが、「一人前になる前の弟子」のことを言います。
つまり、お寺の息子さん・娘さんなど、将来のお坊さんの卵のこと!
僧風林とは、そのような小僧さん達が僧侶の基本中の基本の部分を習得しに来ます。
ちなみに、期間は7月25日から31日までの一週間。。。
林生(僧風林に入ってきた生徒たちをこう呼びます)にとっては、なかなか辛い一週間となります。
そう、私は今回、その僧風林の講師というか、指導係として関わることになりました!
その打ち合わせに行っていたのですね~

主任先生をはじめ6名の常任講師陣で、林生を時に厳しく、時に優しく指導していきます。
小僧さんの修行とはいえ、その内容はなかなかハード
お坊さんの基本である「三宝給仕」(仏・法・僧の三宝にご給仕をする)を徹底的に仕込まれます。
朝は5時半に起床し、朝勤に出仕
その後、掃除・朝食を済ませ、本山の貫首猊下の訓話仏さまのご生涯日蓮聖人のご生涯について学んだり、
法要の作法声明お経書道ete...
あらゆる基礎を徹底的にたたき込まれます!
9時の就寝まで、休む間もなくカリキュラムが組まれているのです。


かく言う私も、この僧風林に小学校4年生から4年間、毎年行っていました。
当時は関東に住んでいたもので、夏休みに入るとすぐに新幹線で京都まできて、
7月25日から一週間入林。
私の夏休みは、いつも8月1日から始まる、みたいな感覚でしたw
本当に行きたくなくて、行きたくなくて
修行は大変でしたが、毎年行くのが楽しみでした☆

本当に冗談抜きで、私が今あるのはこの僧風林のおかげだと思っています。
この一週間の修行で覚えた所作や声明やお経は、10年経っても忘れていませんでした。
まさに「三つ子の魂百まで。」!
私の僧道生活の原点がここにある、と言っても過言ではありません。
そんな僧風林に今度は講師として関われるというご縁に、限りない法悦を感じています。
このお礼奉公、しっかり務めて参りたいと思います!!

DSC02270.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 23:31:47|
  2. 宗門関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。