墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

近畿教区僧風林!①

お久しぶりでございます!
いよいよ8月に入りました!毎日厳しい暑さですね~。。。
連日の猛暑日、熱中症などにはくれぐれも気を付けたいものです。

さて、先月31日に閉林した近畿教区僧風林
本山立本寺さまを会場にお借りし、12名の林生と共に7月25日から一週間の修行を共にしました。
常任講師の一人として林生の指導に携わった一週間、自分にとっても本当にいい経験をさせて頂いた一週間となりました。

先日の記事にも書いた通り、僧風林とは、小学校4年生から中学校3年生までの沙弥(まだ一人前ではないお寺の弟子)が入林して、一週間の間、僧侶としての心構えや法式声明、読経、書写行など、基本を徹底的にたたき込まれます。

DSC02531.jpg

DSC02534.jpg

特に、近畿の僧風林は厳しいことで有名で、主任先生・副主任先生をはじめとした6名の講師陣が、寝食を共にしながら、朝5時半から夜9時に寝るまで、過密スケジュールで指導に当たります。
私も小さい頃に4回僧風林に入林し、今の自分があるのはこの僧風林のお陰だと思えるくらい、私の僧侶としての柱の一つとなっています。

この僧風林、何よりも驚くのが、子どもたちの吸収力の早さ!
今年度の林生は、1回生が7名、2回生以上が5名と、初めての参加者の方が多く、所作やお経など、何も知らない状態で入ってきた子が多く、指導する側もどうしたものかと不安に思っていましたが、そんな不安をよそに、教えた事をどんどん吸収していく姿に、本当にビックリしました。

DSC02537.jpg

DSC02538.jpg

ほぼ毎日法要所作の講義がありますが、昨日できていなかった事が、今日はできている!という姿を見ると、本当に嬉しく思って、朝のお勤めの時に思わず感動でポロッと(笑)なんてこともよくありました♪

しかし、小僧さんとはいえ一人の子どもさん。
一週間の修行という厳しい場所に足を踏み入れ、ホームシックになったり、精神的のところからくる体調不良を訴える林生もいましたが、林生同士がお互い助け合って乗り越えようとする姿も見られ、世代を越えた団体生活の重要性も感じました。
今回は5回生のベテラン林生が2名いて、彼らが率先して1回生の皆に指導をしていたりと、講師陣としても非常に頼もしく、ありがたい存在でした。

僧風林では、毎日朝に「沙弥の誓い」というものをみんなで読みます。
これは、僧侶を目指す沙弥が志すべき4つのことを、日蓮聖人の弟子として、御本尊とわが心に誓うために読みます。
その最後の部分には、こう書かれています。

「法友互いに励ましあい、正しい教えを社会に広める人になります。」

法華経・お題目のご縁によって繋がった法の友・・・
親友よりも深い友だち、これからも大切にしていって欲しいな、と思いました☆

DSC02533.jpg

さて、次回は僧風林後半の様子をご報告をします~

つづく
スポンサーサイト
  1. 2012/08/02(木) 21:09:23|
  2. 宗門関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。