墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆★ 「お中日」ってなあに?? ★☆(お彼岸のお話~その②)

さて、前回の記事の続きです☆

今日は秋分の日、お彼岸のお中日♪
秋分の日といえば、昼の長さと夜の長さがちょうど同じになる日。
太陽が天の赤道上にあり、ほぼ真東から昇って、ほぼ真西に沈む。
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」として、国民の祝日の一つになっています。
(ちなみに、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」と定められています。)
そんな秋分の日、22日に当たるのは、なんと116年ぶりだそうです!!
暦の不思議、天体の不思議を感じます。

tc1_search_naver_jp.jpg

さて、前回では「お彼岸の期間や意味」について解説しましたが、
今回は「お中日」についてお話してみたいと思います。

上にもあるように、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」と定められていますので、
このお中日の日に、お墓参りに行ったり、お寺にお参りに行かれた方も多数いらっしゃると思います。
当山でも、もちろん彼岸会を営み、各家のご先祖さまへのご回向をさせて頂きました。

そんな秋の彼岸のお中日、前回の記事で説明した
「迷いの岸から悟りの岸へ至るための仏道修行期間」
というお彼岸の意味から考えて、「ご先祖さまへの感謝」の他に、
もう一つ大切なことを教えて頂く日
でもあるのです。

話変わって・・・

お釈迦様は、お悟りを開かれる前、自らの体をとことんまで痛めつけるような苦行をされていました。
減食に始まり、果ては断食を行ったり、呼吸をとめる瞑想を続けたり・・・
肉体の限界を超越して、悟りに到達しようとされたのでした。
頬はこけ、あばら骨がくっきりと浮き出るほどに、痩せ衰えられたお釈迦様。

RIMG1388.jpg

ある日「このような苦行では、決して悟りを開くことなどできない」と考えられたお釈迦様は、苦行を捨て、菩提樹の下で瞑想を始められます。
そしてついに、お釈迦様はこの世界の真理をすべて究め尽くされ、悟りを開かれたのでした。

この時にお釈迦様がお悟りになられたことの一つを、
「中道」
といいます。

「中道」とは「苦」や「楽」また「善」や「悪」というような、
二項対立的なものを超越し、極端に偏ることなく、「真ん中の道」を歩み続ける
ということを言います。
お釈迦様は、身体を痛めつける苦行だけでは、本当の悟りに至ることはできない、
「苦」や「楽」という対立する概念を超越したところにこそ真理がある、
と悟られたのです。

お彼岸の中日は、上にもあげたように、昼と夜の長さが同じになる一日
このような日に、お釈迦様の悟りの境地でもある「中道」というものを自分も観じて、
自らも仏になること、自らも仏になれること
に思いを致す一日でもあるのです。

日蓮大聖人もご遺文の中で、

苦をば苦と悟り、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思合て、南無妙法蓮華経とうちとなへゐ(唱居)させ給へ。『四条金吾殿御返事』

と仰っています。
「苦楽ともに思合わせて」・・・
これこそが「中道」なのではないか、と思います。

どちらの極にも偏らない「ちょうどよい」「いい加減」の境地・・・
この秋の夜長に、このような仏さまの境地を、是非とも観じてみてはいかがでしょうか。。。

スポンサーサイト
  1. 2012/09/22(土) 22:05:49|
  2. 年中行事・ご聖日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆★お彼岸のお中日★☆(お彼岸のお話~その①)

本日9月22日は秋分の日
お彼岸のお中日(ちゅうにち)でした!
墨染寺でも、本日14時より、多くの檀信徒の皆様のご参列のもと、盛大に彼岸会法要を厳修させて頂きました。

DSC02881.jpg

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、一時と比べると比較的涼しい中で執り行うことができました。
いつまでこの厳しい残暑が続くのか、と心配しておりましたが、やはり季節は巡っていきますね☆
当山の境内でも、彼岸花がその可憐な花を咲かせました。
お彼岸の時期に合わせるように咲くこの彼岸花、本当に不思議で美しい花だと思います。

DSC02874.jpg

さてそのお彼岸ですが「彼岸」ってそもそもどういう意味かというと、
文字通り「彼の(かの)岸」、つまり 「あちらの岸」 という意味です。
「あちら」があれば「こちら」もあります。 「こちらの岸」「此岸」といいます。

では、何に対して「あちら」とか「こちら」とか言っているのでしょうか?
それは、「あちら」は「悟りの世界」 、「こちら」は「迷いの世界」
つまり、自分が悟りの世界にいるのか、迷いの世界にいるのか、それに対して「あちら」や「こちら」と言っているのです。

ですので、このお彼岸の期間は、仏道修行をして、
みんなで「あちらの岸」つまり「悟りの世界」へ行こう!
という期間なのです。

全く仏教を知らない方からは「お彼岸に期間があるの?」と問われることがありますが、
お彼岸は、春と秋の2回、春は春分の日、秋は秋分の日を真ん中に前後3日、計7日間あります。
ですので、春分の日秋分の日「真ん中の日」ということで
「中日(ちゅうにち)」
といいます。

この期間に、こちら側の迷いの岸から、あちら側の悟りの岸へと渡るために、
「六波羅蜜」
という仏道修行をします。

「六波羅蜜」とは「6種類の仏道修行」のことです。
「布施(ふせ)」・「持戒(じかい)」・「忍辱(にんにく)」・「精進(しょうじん)」・「禅定(ぜんじょう)」・「智慧(ちえ)」の6種類です。
これら6種類のそれぞれの細かい意味については、また説明させて頂きますが、
簡単に言えば、
「布施」は他人に施すこと、
「持戒」は戒律を守ること、
「忍辱」は困難や迫害を耐え忍ぶこと、
「精進」は懸命に努力すること、
「禅定」は心を穏やかに一定に保つこと、
「智慧」は物事の本質を正しく見ること、
と言うことができます。

お彼岸の一週間は、これら6種類の仏道修行を、お彼岸の中日の前後3日間に当てはめて、1日ごとにこの仏道修行に励み、悟りの境地を目指していきます。
ですので、今年の秋のお彼岸で言うと、彼岸の始まりが9月19日、彼岸の終わり(結岸)が9月25日ということになり、

19日「布施」
20日「持戒」
21日「忍辱」
22日お中日で、
23日「精進」
24日「禅定」
25日「智慧」
というように、当てはめられるわけです。

ではでは「中日」はどのような日なのでしょうか??
こちらは、次の記事 (お彼岸のお話~その②) にて説明させて頂きます~~

RIMG1556.jpg
(迷いの岸から、悟りの岸へ・・・イメージとして、ガンジス河の写真です☆)
  1. 2012/09/22(土) 20:57:52|
  2. 年中行事・ご聖日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。