墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お釈迦様が悟りを開かれた日【釈尊成道会】

本日12月8日は、歴史的な出来事が数々起こりました。

1941年12月8日、日本軍がアメリカ・ハワイにある真珠湾を攻撃し、太平洋戦争の火蓋が切られました。この日を「日米開戦の日」として記憶されている方がたくさんいらっしゃることと思います。
あるいは、音楽が好きな方は「ジョン・レノンが亡くなられた日」として記憶されている方も多いと思います。1980年12月8日、熱狂的ファンと見られる人物に拳銃によって暗殺される、という悲しい事件が起こりました。ロックミュージックやカウンターカルチャーの象徴的なイコンであったジョンレノンの死は、世界に衝撃を与えました。

さてそんな12月8日ですが、私たち仏教徒にとっては、とっても大切な一日であります。
12月8日は「お釈迦様が悟りをお開きになられた日」
「釈尊成道会」と呼びます。

今から約2600年前、お釈迦様はそれまで自分の身体を痛めつける「苦行」に精進されていましたが、「苦行では悟りを開くことはできない」とお考えになり、苦行を捨てられ、菩提樹の下で瞑想に入られます
瞑想すること7日間、暁の明星と共に、ついにお釈迦様は襲いかかる魔を振り払い、この世の全ての理を極め尽くされ、真理へと到達されたのでした
お釈迦様、この時30歳。この菩提樹の下で「ブッダ(目覚めた人)」となられ、仏教が始まったのです。
お釈迦様がお悟りをお開きにならなければ、私たちがこうしてお釈迦様の御説法である経典を拝することもなく、こうしてお題目をお唱えすることもできなかったでしょう。
このお釈迦様のご厚恩に謝し奉るのが、この「成道会」なのです。

025 お釈迦様 成道

今年の3月、私ぴぐ坊が所属する「京都日蓮宗青年会」の50周年記念事業の一つとして「インド仏跡参拝の旅」に行って来ました。
お釈迦様の足跡を辿り、そのご厚恩に謝し奉るための企画で、様々な仏跡を訪れることができ、感激もひとしおでした。
そのインド団参で、このお釈迦様がお悟りを開かれた「菩提樹」にも参拝しました。
お釈迦様がお座りになられていた場所も「金剛法座」として、世界各地から仏教徒の方々の参拝が絶えることがありません。特にスリランカやタイなどで信仰されている「上座部仏教(テーラワーダ仏教)」の方々にとっては、まさに聖地中の聖地と言っても過言ではありません。
今回の参拝でも、この菩提樹の前で法味言上、お題目をお唱えさせて頂いた感激は、忘れられません。「仏教の始まり」に触れることができた喜びを感じました。

RIMG1326.jpg

法華経の次にお説きになられた「観普賢菩薩行法経」(いわゆる「結経」)に、こう説かれています。

「端座して、実相を思え」

お釈迦様のご恩に感謝申し上げる一日、静かに座って世の理を観じ、合掌・お題目をお唱え頂ければと思います。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 15:31:30|
  2. 年中行事・ご聖日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。