墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大覚大僧正650遠忌法要に出仕させて頂きました!

お久しぶりでございます。。。
約10日ぶりの更新となってしまいました(汗)
しばらく、体調を崩しておりまして、なかなか更新することができませんでした。 (言い訳)
胃腸の調子が悪かったり、高熱が出たりと、散々な一週間を過ごしていました。
そんな体調不良から、ようやく復活!!
ということで、先週から今週にかけて様々なことがありましたが記事に出来ませんでしたので、遅ればせながらアップさせて頂きたいと思います。

4月3日、大本山妙顕寺さまにて「大覚大僧正650遠忌法要、並 本堂屋根平成大改修落慶法要」が賑々しく厳修されました!

「大覚大僧正」とは、名を「大覚妙実」といい、華洛弘通の大導師・龍華樹院日像上人の弟子にあたる方で、日像上人が御開山である「大本山妙顕寺」・「本山妙覚寺」・「本山立本寺」これらの「三具足山」の第2世にあたられる先師上人です。
もともとは他宗の僧侶として活動を行っていましたが、京都にお題目を弘めるためにやってこられた日像上人の御説法を聞いて、その教えの素晴らしさに感激し、その場で日像上人のお弟子となられたと言われています。
その後、日像上人の右腕となって法華経・お題目の広宣流布に尽力されました。
大覚妙実上人は、京都を中心に、広く中国地方まで教線を拡大し、日蓮宗の発展に大きな足跡を残されました。特に岡山県での布教活動は大きなものだったようで「備前法華」と言われるほど、岡山県での法華信仰は篤く、その礎を築かれたのでした。
そんな大覚大僧正の650遠忌ということで、歴史的な大法要が営まれました。
私も式衆として法要に出仕させて頂きました。

DSC04992.jpg

ちょうど桜も満開の頃で、枝垂れ桜がキレイ☆
遠忌法要に先立って、昨年まで修理をしていた本堂の大屋根改修が無事済んだ、ということで、落慶修法が行われました。
DSC05047.jpg

そして、今回の法要は珍しく「伎楽」が奉納されました!
天理大学から「伎楽隊」の方々が来られ、法要に先立ち「伎楽行列」を行い、様々なお面をつけて本堂まで行列されました。

DSC05025.jpg

DSC05029.jpg

DSC05031.jpg

DSC05035.jpg

そして、引き続き本堂にて大法要が厳修されました。
私は、恥ずかしながら「本咒讃」の発音を任されました。。。
大勢の方々の前での発音に、緊張しっぱなしでしたが、いい経験となりました。

このような歴史的な大法要に出仕させて頂き、大変貴重な経験となりました。
大覚大僧正は、関西以西では知られていますが、関東の方などはあまりご存知ではない方が多いと聞きます。
しかし、大覚大僧正なくして、今の日蓮宗の発展を語ることができない、といった偉大な先師上人であります。
このことを後世に伝え、先師上人のご遺徳に報恩感謝の誠を捧げていくことを、改めてお誓いしなければ、と思いました。
貴重な機会を頂き、誠にありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/11(木) 14:34:55|
  2. 宗門関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。