墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結成50周年記念事業 円成報告会!!

先日4月24日、大安の善き日、京都日蓮宗青年会「結成50周年記念事業 円成報告会」が京都センチュリーホテルにて開催されました。

京都日蓮宗青年会は、今まで幾度もご紹介してきましたが、昨年8月25日で結成50周年を迎えました。
その50周年を迎えるにあたり、3年ほど前から様々な記念事業を展開してきました。
昨年3月に行った「インド団参」では、お釈迦様の仏跡を巡り、法華経が説かれた霊鷲山では報恩法要を営み、お釈迦様が仏教を開かれたそのご厚恩に謝し奉る、そんな旅となりました。
また、3年半の間「部経会」という活動を行いました。京都日青に所属され、遷化されたOB上人を始め、京都宗門の先師先哲、京都日青の活動にご協力賜った、檀信徒の方々への報恩と御回向を、一部経読誦の功徳でもって行う、という趣旨で続けてきました。
その他にも、季刊誌「るふ」で連載していた「法華経のおはなし」という法華経解説ページを一冊の本にまとめて出版したり、「お寺・僧侶とはどうあるべきか」というテーマを掲げ開催した「記念講演会の開催」など、様々な活動を行って来ました。
その活動の報告会を、京都管内の本山貫首猊下や、宗務所長様や四会会長、また歴代OB上人ご臨席のもと、開催させて頂きました。

今回ご臨席の先輩上人のお顔触れを見回すと、本山の猊下など、京都管内の重責を担われている方々は、ほとんどが京都日青で活動されていた方々だ、ということに思い当たり、改めてこの京都日青の歴史の重みというものを感じました。
さらには、先輩方がそれぞれの時代ごとに問題意識を反映した活動を行ってこられたように、現役会員の私たちも、今の時代での問題意識を強く抱いて、布教活動に反映したオリジナルな活動も行っていかなければならない、という思いも抱きました。

50年という節目の年に居合わせたことの悦びと重圧を感じた今回の50周年事業でしたが、何とかこれで一区切りとなりました。
51年目のリスタート、歴史と伝統を受け継ぎながら、それを「自分自身の活動」として行っていけるように、会員一同力を合わせて精進いたします!!
ご出席賜りました先輩上人、誠にありがとうございました!

DSC00470.jpg

DSC00493.jpg

DSC00548.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/04/27(土) 16:32:25|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。