墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月28日、立教開宗のご聖日

本日4月28日は、宗祖日蓮大聖人の立教開宗のご聖日
日蓮宗の誕生日ということもできましょうか。

若き日の日蓮聖人は、比叡山にてご修行されていました。
比叡山の横川にある定光院を拠点に、時には京都・奈良・高野山にまで足を伸ばし、八宗・十宗といわれる仏教諸宗派の違目を学ばれました。
12年とも言われる比叡山での研学で「法華経こそが末法の衆生を救う、唯一の経典である」との確信を抱かれ、比叡山を下り、故郷の小湊清澄寺に帰られたのでした。
清澄寺に到着するや否や、お堂に籠もられ、一週間の禅定に入られます。
そこで、日蓮聖人は法華経を拠り所とした宗を立てられることを決意され、
建長5年(1253)4月28日早朝、清澄のお山の山頂・旭ヶ森に立ち、昇り来るご来光に向かって、
「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経・・・」
とお唱えになられたのでした。この時、日蓮聖人御年32歳

003 日蓮聖人 立教開宗

「南無(ナム)」とは「帰依する、深く信じる」という意味のサンスクリット語です。
「南無妙法蓮華経」とは「妙法蓮華経という経典を深く信じる」という意味になります。
つまり、「南無妙法蓮華経」とお唱えすることは、「妙法蓮華経という経典を拠り所に、その教えに従って生きる」ことをお誓いする、ということになります。
ですので、お題目を信仰の柱とする私たちは、信行生活を通して、常に法華経的生き方を学び、実践し、一人でも多くの方にこの教えを弘めていかなければならないのです。

立教開宗のご聖日、日蓮聖人がお題目を私たちに遺して下さったご厚恩に感謝し、自らの信行生活を見直す1日として頂ければ幸いです。

スポンサーサイト
  1. 2013/04/28(日) 07:15:10|
  2. 年中行事・ご聖日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。