墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釈尊成道会!

本日12月8日はお釈迦さまがお悟りをお開きになった日、「成道会」のご聖日でした。

今から約2600年ほど前、インドのシャカ国の王子としてお生まれになったお釈迦さまは、19歳の時にお城を飛び出し出家をされます。その後、30歳になられるまで、悟りを開くために、身体を痛めつける「苦行」を行われました。
しかし、苦行では決して悟りを開く事は出来ないと悟られたお釈迦さまは、苦行を捨て、菩提樹の下で瞑想に入られるのでした。
瞑想されること三七日、12月8日の明け方、ついにお釈迦さまはこの世の理を全て極められ、お悟りを開かれました。

025 お釈迦様 成道

お釈迦さまのことを「ブッダ(仏陀)」とお呼びしますが、この「ブッダ」とは「目覚めた人」「悟りを得た人」という意味があります。
つまり、お釈迦さまが菩提樹の下でお悟りを開かれた瞬間から、「ブッダ」としてのご生涯が始まった、と言えるでしょう。
お釈迦さまは、80歳で亡くなられるまでの50年の間、この時に悟られた内容を人々に伝えよう、と各地を遊行し、伝道の生活に入られたのでした。
この菩提樹の下での「成道」こそが、仏教の始まりとも言えます。
そのお釈迦さまへの御報恩の誠を尽くすのが「成道会」なのです。
私も本日、墨染寺のご宝前にて、ささやかながら成道会の法要をお勤めさせて頂きました。

成道会をお勤めしながら思い出されるのは、約2年前に参加したインド団体参拝のことです。
その時には、もちろんお悟りを開かれた場所であるブッダガヤの菩提樹も訪れました。
菩提樹の下の金剛法座の前で、参加者の皆様と共に報恩感謝のお題目をお唱えさせて頂いた事への感動を、決して忘れることができません。

RIMG1326_20131209002921039.jpg

日蓮聖人は『開目抄』という著作の中で、

何況や仏法を学せん人、知恩報恩なかるべしや。仏弟子は必四恩をしつて知恩報恩ほうずべし。


と書かれています。
仏法を学ぶ人は、「知恩報恩」を行っていかなければならないと。
「報恩行」というものの大切さを説かれています。
仏事というものは、つまるところ、この「報恩」の精神に貫かれているものだと思うのです。
自分一人で生きているのではない、過去・現在・未来の中での、様々な繋がりでもって生かされていること。
このことに気付き、報いること、これが仏さまの教えを生きる私たちにとって、最も大切なことと言っても過言ではないと思います。
これからも「報恩行」の大切さをしっかりと心に留め、改めて三宝給仕に勤しんでいきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/08(日) 23:45:56|
  2. 年中行事・ご聖日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bokusenzi.blog.fc2.com/tb.php/120-01ee0901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。