墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修養道場、開催!!

残暑厳しい毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか??
暦の上では、暑さが和らぐ「処暑」が過ぎましたが、一向に涼しくなる気配がありません。。。
秋はまだまだ先のようです。。。引き続き、熱中症などには気をつけて頂きたいと思います。

さて、先週の8月20日~8月22日の2泊3日
京都日蓮宗青年会主催の「少年少女のための修養道場」が開催されました!無事に大きな事故なく終えることができました☆
開催から早一週間。。。更新せねばと思いつつも今日になってしまったのには理由がありまして、
修養道場から帰ってきたら、なんとネット回線が全く繋がらなくなってしまっていたのです
あれやこれやと試してみましたが、一向に繋がる気配がありません。。。
プロバイダに電話してみると、「もしかしたら落雷のせいで、ルーターに何らかの故障が出てしまったのかも」
とのことでした(泣)
そんなことで、いまだ復旧できずにおりまして、この記事はネットカフェにて鋭意更新しております!
とまあ、言い訳はさておき!
道場生と共に過ごした3日間の報告をさせていただきます!!


大本山本圀寺さまを会場にお借りして開催した今年の修養道場、22名の道場生が集まってくださいました!

DSC02639.jpg

通年のメインテーマである「仏さまの光を私たちのまわりに広げましょう」に加え、
今年は「子どもたちに伝えたい10のこと!」というサブテーマを掲げ開催しました。
「お題目、感謝の心、給仕の心、尊敬の心、礼儀作法、いのち、供養、信念、和、足るを知る」
という仏教・法華経の観点から、道場生の皆さんに是非とも記憶に留め、持って帰ってもらいたい10の事柄を、様々なプログラムを通して伝えていこう!という想いで、このようなサブテーマを設けました。

「いのち」という事柄を伝えるために、「いのちの講義」を行い、その後キャンプ場にて「魚のつかみどり」をして、「いのちを頂く」ということを実践的に考えてもらういました。

DSC02708.jpg

DSC02710.jpg

魚のつかみどりは、子どもたちも楽しんでいた様子☆
いざ頂く時には、ちゃんと「いのちに合掌」をして、残さずいのちを頂戴しました。

「足るを知る」「感謝の心」、ひいては「お題目」につなげていくために、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」の詩を覚えてもらい、班ごとに「雨ニモマケズ紙芝居」を作ってもらい、最終日には発表会を行いました☆

DSC02754.jpg

また、「雨ニモマケズ」に出てくる「一日に玄米四合と、味噌と少しの野菜を食べ・・・」を実践するために、朝食は玄米とお味噌汁と少しの野菜に!

DSC02752.jpg

その他にも、「信念」を伝えるために、「日蓮聖人のご生涯」を通じて、「正しいことを最後まで貫く強さ」をお伝えしました。
また、「礼儀作法」や「尊敬の心」、「給仕の心」を養って頂こうと、普段の生活指導を厳しく行いました。

そしてメインテーマである「仏さまの光を私たちの周りに広げましょう」を視覚的、体験的に感じてもらうために、「ひかりのつどい」を執り行いました☆
このプログラムは毎年行っていて、修養道場のメインプログラムでもあります。
ご宝前からお光を頂戴し、それを道場生が持つキャンドルに点火していきます。
その一つ一つのキャンドルを一箇所に集めて、主任先生から光のメッセージを頂戴します。
「ひとつひとつの光は小さいけれど、集まればこんなに大きな光になる・・・」
「仏さまの光を私たちのまわりに広げましょう・・・」
DSC02716.jpg

そして最終日には、この修養道場の始まりともなった「無名童女」の43回忌追善法要を、道場生の皆さんと共に営みました。
42年前、東山区にある阿弥陀ヶ峰の山中で、身元不明の幼女のご遺体が発見されました。
身元不明のご遺体で、42年経った今でもその幼女の名前も両親も何もかもが不明のままとなっています。
この事件を受け、当時の京都日蓮宗青年会の会員の皆様が、
「仏さまの光によって、このような悲しい事件が二度と起こらないような社会にしたい!」と願われ、
第一回の修養道場が始まりました。
その無名童女の43回忌法要を、道場生の皆さんと行えたことに、大きな感慨を感じました。
道場生にとっては、正座が辛かった一時間だったかもしれませんが、
その雰囲気だけでも感じていただれば、幸いかなと思います。

このように、楽しくもあり厳しくもありの3日間でした!
道場生の皆さんには、是非普段の生活の中でも、今回の10のことを少しでも思い出していただき、活かしてもらえたら、これほどうれしいことはありません☆
道場生の皆さん、本当にありがとう!保護者の皆様、関係者の皆様、まことにありがとうございました!!

DSC02688.jpg

DSC02739.jpg

DSC02762.jpg
スポンサーサイト
  1. 2012/08/27(月) 16:47:15|
  2. 京都日蓮宗青年会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bokusenzi.blog.fc2.com/tb.php/21-52def770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。