墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雅楽体験 in 頂妙寺♪

突然ですが、先月の 「門連御会式」 の記事でチラっと紹介しましたが、私、雅楽を嗜んでいます((w´ω`w))
雅楽と言えば、神社などでよく奏されるイメージがあると思いますが、元々は、仏教音楽として大陸から日本に伝わり、日本古来の歌や舞と融合するような形で普及した、とも伝えられています。
ですので、お寺でももちろん雅楽が奏され、仏前結婚式や入寺式などのお祝い事や、お葬式にいたるまで、仏前での冠婚葬祭の時によく演奏されます。
「仏さまに対する耳へのご供養」 ということで、「雅楽を奉納する」のです☆

059 雅楽の様子


ということで、昨日11月2日本山頂妙寺さまにて雅楽を吹いてきました☆ 
毎年、頂妙寺の近所にある中学校の生徒さんが、地域の様々なところに行き、体験学習を行っているそうで、その一環で、頂妙寺にも来られ、雅楽を鑑賞・体験されています。
その中学生の雅楽体験のお手伝いに行ってきたのであります!!

まずは、御宝前にて法味言上☆
そのあと、中学生の皆さんの前で雅楽演奏☆

DSC03280.jpg

楽器の説明などをしたり~
楽譜をみてもらったり~
そして最後には、実際に雅楽の楽器に触れてもらう「体験の時間」~♪

DSC03286.jpg

初めてさわる楽器に、みな悪戦苦闘(笑)
音を出すのも精一杯な様子( ´艸`)プププ
それでもみな、興味津々に楽器をさわったり、吹いたりしていました☆

DSC03287.jpg

近ごろは、 「伝統に触れる」機会が少なくなっていると言われます。
新しいものにばかり目が行って、古いものを顧みることができない、そんな世知辛い世の中になってしまっているのかもしれません。 「温故知新」ということわざが、これからは死語になるかもしれません。
ニュースなどで、「予算削減から伝統芸能には助成できない」、なんていう記事を見ると、お金で替えられないものが失われていく、また、現に失われていることへの恐れを感じます。
伝統的な日本古来のものも、私たちは「和風」というように、「○○風」としてしか捉えられなくなってしまっている。
”本物”が少ない世の中だから、上澄みをすくい取る形でしか表現できなくなっているのでしょうか。
ですので、このように、多感な時期に「故きを温ねて新しきを知る」体験学習は、非常に意義あることだと思います☆
これからも、是非続けていってほしいな~と思いました♪

こんなに偉そうなことを言っていますが、私自身もこのような世の中の流れに浸っているような気もします。自分自身も省みながら、日々生活していきたいものです。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/03(土) 11:30:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bokusenzi.blog.fc2.com/tb.php/40-7355474a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。