墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大国祷会!!

先日2月23日立本寺さまにて行われた「大国祷会」に出仕させて頂きました。
この「大国祷会」は、京都修法師会(修法師とは、日蓮宗大荒行堂の修行を終えた僧侶のこと)が主催で行われる行事で、毎年この2月の最終土曜日に開催されます。
その年の行僧上人をお迎えし、京都の修法師総出仕で、ご参拝頂いた檀信徒の皆様と共に国家安泰・国土安穏をお祈りする行事です。

まずは、行僧上人の水行で幕が開きました♪
この日は風が冷たく、非常に寒い中での水行となりました。4名の行僧上人の皆様、本当にご苦労様でございました。。。
DSC04608.jpg

そして、いよいよ本堂にて大国祷会が厳修されました。
この日は、大国祷会に併せて「東日本大震災三回忌法要」も同時に執り行われました。
大震災の犠牲者の霊位に回向の誠を捧げ、そして、被災地の一日も早い復興と安穏なる心を取り戻されんことをお祈りさせて頂きました。

860435_359886884125705_1129495699_o.jpg


日蓮聖人は、国を憂い、民を救わんと発願され『立正安国論』という一冊の書物をしたためられました。
当時、鎌倉の町は、大地震と飢饉や疫病によって「牛馬巷に斃れ、骸骨路に充てり」という惨状でした。
この状況を自らの目で見られた日蓮聖人は、この災難の原因はどこにあるのか、なぜこんなにも民衆が苦しまなければならないのか、この疑問の答えをお釈迦様がお説きになられた一切経に求められました。
その原因は、人々が間違った信仰、つまり「謗法」によるものだ、とされたのでした。
当時、人々が信仰していた念仏信仰を非難され、法華経という正法を信仰しなければならない、と結論づけられました。
そのことが有名な一説「汝早く信仰の寸心を改めて、速やかに実乗の一善に帰せよ」に表れています。

先日、京都日蓮宗青年会で行われた「行学」の時間で、『立正安国論』全文通読させて頂きました。
普段、上記の有名な一説はよく拝読させて頂きますが、なかなか全文を一気に通読する機会が無かったので、非常に有意義な時間となりました。
その全文拝読させて頂く中で考えたことは、鎌倉時代の状況と、現代の状況、とても似ているのではないか、というものでした。
大地震や異常気象など、天変地異が頻発している現状。
尖閣・竹島をはじめ、領土問題が表面化して他国との緊張関係が続いている現状。
大聖人の『立正安国論』から考えれば、これらの原因は「謗法」にあるということになるわけですが、現代の私たちが犯している「謗法」とは何か??
これを真剣に考えなければならないと思います。
そのためには、自分達の現状をしっかりみるためのが必要になってきます。
その鏡こそが『法華経』の教えです。
この『法華経』という明鏡に、私たちの振るまいや社会の在り様を照らし合わせながら、未来の世代にバトンタッチできる世の中を作っていくことが、今を生きる私たちの仕事であるべきだと思います。

日蓮聖人の「立正安国」の願いをこの世の中に顕現するべく、布教活動に精進していこう!と思った一日となりました。

最後に私が大切にしている『立正安国論』の一説をご紹介したいと思います。

所詮、天下泰平国土安穏は君臣の楽う所、土民の思う所也。夫れ国は法に依って昌え、法は人に因って貴し。国亡び人滅せば、佛を誰か崇むべき、法を誰か信ずべきや。先ず国家を祈りて、須く佛法を立つべし。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 11:17:53|
  2. 宗門関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bokusenzi.blog.fc2.com/tb.php/70-46c87257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。