墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月11日 石巻 3回忌法要・慰霊塔開眼法要

東北訪問2日目。

3月11日は、石巻で行われた東日本大震災犠牲者3回忌追善法要・慰霊塔開眼法要に出仕させて頂きました。
東北地方の各地で3回忌法要が営まれていましたが、私たち京都日青のメンバーは、縁あって石巻の法音寺さまで行われた3回忌法要と慰霊塔開眼法要に出仕させて頂きました。

京都の先輩上人を通じて、石巻に慰霊塔が建立されることを知ったのが年末くらいだったと思います。
神奈川の青年会に所属する久住上人が発起人となって、法音寺さまが管理される土地に、慰霊塔が建てられることになりました。
その土地の周辺は、家屋や工場、職場などが津波で流され、600名もの方々がお亡くなりなった、最大級の被害があった場所です。
法音寺の谷川住職は、慰霊塔建立の趣旨説明の中で、
「未曾有の大震災を300年先にも語り継がれるような慰霊塔を今だから建てたい。建物が解体されて何もなくなった故郷に、手を合わせることのできる場所が欲しい。」
と語られました。
津波によって、何もかもが流されてしまったその場所は、手を合わせる対象物すら無い状況だったそうです。これでは亡くなられた精霊に供養することもできない、ということで、久住上人と谷川住職が慰霊塔建立を発願された、という経緯があったのです。
私たち京都の僧侶も、この趣旨に賛同し、慰霊塔建立のお手伝いをわずかながらさせて頂きました。
そういった経緯で、3月11日に開眼されるその慰霊塔にお参りをすることとなったのでした。

法要参列に先立ち、午前中に石巻市内を慰霊行脚させて頂きました。
まずは、石巻市内の日和山公園という高台にある公園にて、海岸に向かって一読させて頂きました。
日和山から見た被災地の様子に、津波の恐ろしさを改めて感じました。
この日は前日の暖かい気候から一変し、冷たい風が吹き荒れ、最高気温が4度という寒さ。
2年前の3月11日も、恐らく寒かったであろうことを思い、津波に流された方々や被災された方々が、どんなに恐怖と寒さに心を震わせていらっしゃったか、本当に胸が詰まる思いがしました。

DSC04755.jpg

そして日和山を下り、石巻市内を唱題行脚しました。

DSC00225.jpg

津波が3階部分まで押し寄せたであろう小学校の校舎など、まだまだ震災の傷跡が残る建物を見て、言葉にならない感情がこみ上げてきました。

唱題行脚を終え、法要が行われる法音寺さまに向かいました。
法音寺さまは高台にあるお寺で、震災当時、被災者の方々の避難所として開放されていたそうです。
最前線で、被災者の方々や遺族の方々と向き合ってこられたお寺です。
初めは、3回忌法要に参列させて頂くだけ予定だったのですが、御住職のご厚意で、法要に式衆として出仕させて頂きました。
13時より始まった3回忌法要に、150名もの参列者の方々がお見えになっていました。
私も、心を込めて一心に読経・唱題をさせて頂きました。

DSC00228.jpg

そして、3回忌法要終了後、移動して、慰霊塔開眼法要の場所を訪れました。
「久遠の祈り」と名付けられた慰霊塔。

DSC04770.jpg

DSC04761.jpg

風が強く、気温も非常に寒い中、屋外で行われた開眼法要にも、100名近くの参列がありました。
参列された方々が、静かに手を合わせ、祈られているお姿がとても印象的でした。
この慰霊塔が、被災者の方々、遺族の方々が祈りを捧げ、心の拠り所となることを心からお祈り致します。
そして、これからも私たち僧侶だからできる「慰霊・供養・鎮魂」という目に見えない支援を、「久遠の祈り」として続けていかなければならない、そう思いました。
お亡くなりになられた方々の追善菩提、また被災者の方々の心の平穏、被災地の早期復興を、心より祈念申し上げます。

DSC00245.jpg

DSC00266.jpg
◆法音寺の谷川住職と奥様
スポンサーサイト
  1. 2013/03/17(日) 21:19:21|
  2. 参拝記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bokusenzi.blog.fc2.com/tb.php/75-3ac050da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。