墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月12日 名取~身延山~京都帰着

東北訪問3日目。最終日。

この日は朝4時半に起床、5時に出発しました。
仙台市の南となりの名取市の閖上地区へ向かいました。
閖上地区は、津波により750名もの方々がお亡くなりになられた場所。
犠牲者の方々へのご供養のため、唱題行脚をさせて頂きました。
少し小高くなったところから、日の出と共にお自我偈一巻、お題目をお供えさせて頂きました。

DSC04774.jpg

DSC04775.jpg

その後名取市を後にし、一路京都へ帰路につきました。
しかし、直接京都に帰らずに、日蓮聖人に今回の東北訪問のご報告をということで、途中身延山に立ち寄りました。
首都高で事故渋滞にはまってしまい、到着したのが午後4時頃。。。
なかなかハードな帰り道になりました。

さて、身延山に立ち寄ったのは、大聖人へのご報告の他に、もう一つ理由がありました。
それは、現在身延山大学で制作中の「悲母観音像」!
この悲母観音像は、岩手県陸前高田市に安置される予定の観音様で、当初の予定では3回忌に合わせて建立される予定だったのが、延期となりまだ大学の方にいらっしゃる、ということで今回立ち寄ったわけです。
昨年11月に行われた「いのりんぴっくin京都」で、来場者の方々に書いて頂いた復興祈願の写経を、この悲母観音様の頭に納めさせて頂くというご縁もありました。
是非お顔を拝見させて頂きたいと思いながら、なかなか足を運べずにいたので、今回は念願の初対面となりました。
身延山大学の柳本先生のご案内で、いよいよご対面!
高さ3メートルの立派な観音様が!!

DSC04781.jpg

DSC04782.jpg

これから手と足を付けて、飾り付けや色彩を施し、まもなく完成とのこと。
念願叶って拝見したお姿に、ただただ合掌。。。

制作されている柳本先生曰く、ご遺族の方や被災地の方が手を合わせるこの観音様は、野仏のようなものではダメなのだと、大きくて重厚で誰の目から見ても立派だと思わせるような観音様でないといけない、そう仰いました。
初期段階ではまだまだ軽い感じだったのが、彫り進めていくうちに、亡くなられた方々の思い、ご遺族や被災者の方々の思い、全ての想いを引き受けるにふさわしい観音様に、自然とそうなっていったのだそうです。
しかも、この観音様は出開帳もされるそうで、ご希望であれば被災地のどこにでも出開帳できるようになっているのだそうです。
この観音様が、亡くなられた方々の悲しみを引き受け、ご遺族の方々や被災地の方々の心の拠り所となること、復興を目指す人たちの灯火のような存在となることを、願ってやみません。

DSC04793.jpg

そして、身延山大学を後にし、日蓮大聖人が眠る御廟所を参拝させて頂き、今回の旅のご報告をさせて頂きました。

DSC00313.jpg

そして、京都に向けて進路をとり、夜11時過ぎ、無事に帰着いたしました。
超過密スケジュールでしたが、被災地を訪問させて頂き、様々なことを考えさせられました。
やはり一番大切なことは、祈り続けること、支援を続けること、風化させないこと、よりよい社会を築いていくこと。
これらのことを、決して忘れず日々を過ごしていこうと思います。
今回は3回忌という、いわば節目の時となりましたが、どんな時でも都合がつけば、現地を訪れ、できる支援活動をしていかなければならない、そう実感しました。

以上、3日間の東北訪問の報告と致します。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 19:50:34|
  2. 参拝記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bokusenzi.blog.fc2.com/tb.php/76-b5ae875c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。