墨染寺blog~ぴぐ坊のつれづれ日記~

ぴぐ坊こと当山副住職が仏教のことを中心に、日々のよしなし事を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大慶寺さま星祭祈祷会!

2月になりました!
早いもので、平成26年の新年を迎えて、一ヶ月が経ちました。
季節の巡り、世の中の流れの早さに取り残されないよう、精進して参りたいと思います。

さて、今日は立春
暦の上では春を迎える日ですが、昨日までの暖かい気温とは一転、雪も降りそうなほどの寒さに逆戻りしてしまいました。まだまだ実際の春が来るのは先のようですね(^^;)
寒暖の差が激しく、体調を崩される方が多いようです。体調管理に十分注意してお過ごし頂ければと思います。

さて、昨日2月3日、島根県出雲市の大慶寺さまの節分星祭祈祷会に出仕させて頂きました。
大慶寺さまの御住職とは、6年前に入行した初めての大荒行堂での修行仲間で、そのご縁から、毎年節分の御祈祷会に呼んで下さるようになりました。

大慶寺さまは、中世の京都日蓮宗を代表する名僧・久遠成院日親上人(なべかむり日親上人)が御開山のご寺院です。
日親上人は、純粋に日蓮聖人の教えを護り、時の権力者である室町幕府将軍・足利義教に諫暁(信仰を法華経信仰に改めるよう直訴)されたことにより、投獄され、様々な刑罰を加えられます。
時には、真っ赤に焼けた鍋を頭に被せられるなど、筆舌に尽くしがたいほどの法難を受けられたのです。
この時に受けたやけどの跡から、「なべかむり日親上人」という呼ばれるようになったと伝えられています。
しかしこのような苦難にも、決して退転することなく日蓮聖人の教えを貫き通された日親上人は、将軍が暗殺されるや刑を赦され、釈放されます。
その後、本山本法寺を開かれ、ここを拠点に全国各地を巡って、お題目・法華経の伝道につとめられたのでした。
その日親上人が出雲国を伝道されている時に、開かれたお寺が、昨日伺った大慶寺さまなのです。

DSC06983.jpg

星祭の前に水行により身を清め、御祈祷が始まりました。
大慶寺さまの星祭は非常に賑やかで、100名近くの檀信徒の方々が御祈祷を受けにご参拝されておりました。
法要の最後には、年男・年女、また出仕の僧侶による豆撒き が行われました。
豆撒きの際には、豆だけではなく、お菓子や日用品なども撒かれます。
御祈祷の際には張り詰めたいい緊張感で、そして豆撒きは和気あいあいとした和やかなムードで行われ、大変素晴らしい星祭だな~と、毎回感じます。
墨染寺の御祈祷会や法要も、緊張感の中にも和やかさがあるような、そんな雰囲気の法要が行えるよう、精進して参りたいと思います。

DSC06988.jpg

DSC06992.jpg

最後に、大慶寺のご住職、奥様、ご出仕のお上人さま方、また檀信徒の皆様、お世話になりましてありがとうございました!
  1. 2014/02/04(火) 18:00:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

本山頂妙寺さま 新書院上棟式

昨日1月22日本山頂妙寺さまの新書院上棟式が奉行されました。

現在、本山頂妙寺さまはもともとあった旧書院・大奥を取り壊し、新たな書院を建てる工事が進められています。
昨年10月30日に、取り壊された旧書院の跡地にて地鎮祭が執り行われ、着々と工事が進んできました。
そして昨日、めでたく上棟式が執り行われたのです。
厳しい寒さとなりましたが、お天気もよく、塔頭の御寺院さま、また法縁の各聖、檀信徒の皆様、工事関係者の皆様と共に、賑々しく厳修されました。
筆者は式衆として、修法をさせて頂きました。

DSC06970.jpg

DSC06973.jpg

写真は前日の準備の様子です。
柱や梁など骨組みが完成した様子を拝見し、立派な新書院が完成するであろうことが目に浮かんできました。
新書院は今年の6月に落慶の予定だそうでございます。
これからの工事が魔事魔障無く進み、無事完成・落慶されることを心よりご祈念申し上げます。
  1. 2014/01/23(木) 21:34:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都部経会 in 能勢蓮華寺さま!!

師走に入りました!!
毎年この時期に思うのですが、一年ってやっぱり早いですね(^^;)
あれからもう一年!?とビックリすることが多々あります。
時の流れに流されないように、しっかり地に足をつけて精進して参りたいと思います。

さて、先日12月5日、 能勢蓮華寺さまにて京都部経会が行われ、参加してきました!
蓮華寺さまの御住職が、京都の部経会に参加して下さっているご縁から、蓮華寺さまで一部経を読誦させて頂く機会を得ることができました。

DSC06643.jpg

御住職のK上人、青年会で開催していた部経会の頃から、ほぼ毎回、欠かさず参加して下さっていました。
私が尊敬し、お慕い申し上げるお上人のお一人であるK上人のご自坊で、多数の檀信徒の皆様のお参りの中、ようやく念願のお経をあげさせて頂くことができました。

DSC06651.jpg

K上人が御回向されている間、「蓮華寺さまの仏さま・諸天善神、また御前様やご寺族、また檀信徒の皆様のお陰で、K上人とご縁を結ばせて頂くことができたのだろう、法悦感謝極まりなし。。。」という思いがこみ上げてきて、胸が一杯になりました。

実は、青年会で部経会を立ち上げてから一年ほど経った頃、参加者の減少に頭を悩ませることが多くなりました。
このまま続けていけるのだろうか、と不安に思いながら、月2回の部経会を行っていたことが思い出されます。
そんな時に、当時青年会の事務局だった私に連絡を下さったのがK上人でした。
私たちのような浅学な若僧が行う部経会に、真摯に向き合って下さったその想いに、非常に頭が下がると共に、いつか恩返しをしなければ、と思っていました。
今回このような機会を得て、ご縁を頂戴したことへの報恩感謝のお経をあげることができ、感激もひとしおでございます。。。

これからもこのご縁を大切に、K上人を見習いながら、研鑽に励んで参りたいと思います!

DSC06641.jpg

DSC06642.jpg
※境内には、この時期に珍しく花を咲かせる「御会式桜」が可愛く可憐に咲いておりました。
日蓮聖人がお亡くなりになられた旧暦の10月13日にも桜が咲いた、と伝えられております。


  1. 2013/12/07(土) 18:15:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

部経会 in 名古屋

先日11月20日京都部経会の名古屋遠征に参加して参りました!
(京都部経会については、コチラをご参照下さい)
青年会で行われていた部経会に、毎回のように足を運んで下さったY上人
今回、東京の部経会が名古屋のY上人のご自坊である浄昇寺さまにて部経会を行うということで、京都の部経会も名古屋まで遠征して、一部経読誦をさせて頂きました。

青年会での部経会の頃から、「毎回来てもらってばっかりなので、折角だから名古屋のご自坊でもお経をあげさせて頂きたいね」と会員の中で話しがあがっていたのですが、なかなか実現できずにいました。
今回念願叶って、Y上人のご自坊の御宝前に一部経読誦のご法味をお供えでき、非常に有り難い限りでございました。
DSC06528.jpg

来月の京都部経会は、同じように青年会の部経会に足を運んで下さっていたK上人のご自坊(能勢)に伺う予定になっています。
来月も、報恩感謝の読誦行となりそうです(^^)/
  1. 2013/11/23(土) 18:14:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都部経会に参加してきました!

先日の猛烈な台風26号により被災された全ての方々に、心よりお見舞い申し上げます。
特に、伊豆大島の大変な被害に、改めて自然災害の恐ろしさを痛感しております。
犠牲となられた方々のご冥福をお祈りすると共に、また未だ行方不明となられている方々の早期発見、また被災地の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

さて先日10月15日に行われた「京都部経会」に参加して来ました!

この京都部経会は、今年の5月に新たに発足した、法華経一部を読誦する会です。
昨年度まで、私が所属する京都日蓮宗青年会でも「部経会」を行っておりましたが、その青年会での部経会をさらに発展させる形で発足されました。
私も、せっかく青年会での部経会を3年半という長い間続けてきたものですから、ここで途切れてしまうのは勿体ない、ということで、この京都部経会にも足を運ばせて頂いております。

今月は、発足してから5回目の部経会となりまして、上京区にある十如寺さまにて開催されました。
こちらの副住職上人は、青年会時代から大変お世話になっている先輩上人で、青年会を卒会されてからも、普段から何かとお世話になっております。
そして、この十如寺さまは、京都にお題目をお弘めになられた日像上人御開山の由緒正しい御寺院であり、その十如寺さまの御宝前にて一部経読誦の功徳を納めさせて頂き、大変有り難い法悦を感じさせて頂きました。

さて、私たちが日々読ませて頂く『法華経』には「受持・読・誦・解説(げせつ)・書写」という5種類の修行(五種法師)を修するべし、ということが説かれています。

067 経席 その4

その中の、読(どく、お経文を見ながら読むこと)誦(じゅ、お経文を暗誦すること)、この2つを合わせて「読誦」といいます。
ちなみに、お経(法華経)を読むことを「読誦行」という修行として表現されます。
お経とは、決して単なる呪文のようなものでもなければ、単なる文字の羅列ではありません。
お経とは、お釈迦様のお説法を、お弟子様たちが漏れの無いようにまとめあげたものです
ですので、お経を読誦する時には、「お釈迦様のお説法を、僭越ながら代わりにさせて頂く」という気持ちでお唱えすることが大切なことではないかと思います。
そして、自らが唱えたお経を自らも聞き、そうすることで、仏さまと一体となる、そんな境地となるのではないかと思います。

「誦経文」という文章の中に、

およそ誦経の時は、即ち座下に皆天龍八部四衆あって囲繞聴法す。乃ち、我れ能く法師となって佛の正法を伝え、四衆の為にこれを説くと観ぜよ。この功徳を以て、一切衆生、未来世に於いて共に正覚を成ぜんと願すべし


と書かれています。
これからの部経会も、このような心持ちで読誦行をさせて頂きたいと思います。

063 お経練習の様子
  1. 2013/10/18(金) 20:22:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。